国際

金正恩氏、病院着工式に出席 平壌中心部、制裁打破訴え

 17日、平壌総合病院の着工式で演説する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は18日、金正恩朝鮮労働党委員長が17日、平壌中心部に建設される「平壌総合病院」の着工式に出席したと伝えた。金氏は演説で「人民大衆第一主義」を強調。「敵対勢力の制裁と封鎖」の打破を訴え、10月の党創建75周年までに完成させるよう指示した。

 北朝鮮で新型コロナウイルスの感染が拡大しているとの見方が海外で強まる中、金氏は脆弱な医療体制の改善に取り組む姿勢をアピールした。

 北朝鮮はこれまでのところ同国内で新型コロナ感染者はいないとしている。金氏は2月末以降、感染を警戒して平壌を離れているとの臆測も出ていた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス