くらし

和歌山・白良浜の防砂ネット撤去 春の訪れ告げる恒例の作業

 白良浜で防砂ネットを撤去する職員ら=18日、和歌山県白浜町

 和歌山県白浜町は、強風にあおられた白良浜の砂が市街などに飛ばないようにするための防砂ネットを18日、撤去した。浜に春の訪れを告げる恒例の作業。昨年11月に設置されていた。高さ約1メートルのネットが砂に埋まる時もあるが、今冬はほとんど埋まっておらず、穏やかな天気が多かったようだ。

 白砂で知られる約620メートルの白良浜には、長さ20~30メートルのネット20組が一定間隔に置かれていた。

 撤去作業に当たった白浜町職員は「コロナウイルスの関係で、町に来てくださいとは言いづらいが、これから元気になれば」と話していた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス