芸能・文化

NHK会長、介入された意識ない かんぽ報道巡る経営委発言問題

 かんぽ生命の不正販売報道を巡りNHK経営委員会が2018年、当時の上田良一NHK会長を厳重注意した際の委員の発言が、番組への介入を禁じた放送法に違反すると疑われている問題で、前田晃伸NHK会長は18日、「私ども経営サイドに介入されたという意識は全くない」と述べた。

 就任後初の定例会見で語った。日本郵政グループの抗議を受け厳重注意を決めた経営委の会合で、委員長代行だった森下俊三現委員長らが「作り方に問題がある」などと番組内容に意見を述べたことに関し、前田会長は「番組のことを何も調べずに対応はできない。それをもって介入というのは違う」と説明した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス