経済

公示地価、地方が28年ぶり上昇 全国平均プラス1・4%

 公示地価が全国最高価格の「山野楽器銀座本店」(右から2棟目)=東京都中央区

 国土交通省が18日発表した1月1日時点の公示地価は、全用途の全国平均が前年比プラス1・4%と5年連続で上がった。地方圏は主要4市(札幌、仙台、広島、福岡)を除く地域の全用途平均、商業地がいずれも1992年以来28年ぶりの上昇に転じ、回復の動きが広がってきた。ただ、新型コロナウイルス感染症の影響で景気悪化が進めば、上昇基調からの反転も予想される。

 全国平均の商業地はプラス3・1%で5年連続、住宅地はプラス0・8%で3年続けて上がった。

 地方圏全体は商業地が1・5%、住宅地は0・5%上昇。主要4市を除く地方は全用途平均が0・1%、商業地は0・3%上がった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス