社会

海自艦艇の位置情報をネット投稿 1等海士を停職10日

 海上自衛隊は18日、航海中の艦艇の位置情報をツイッターに投稿したとして、掃海母艦「うらが」乗組員の20代の男性1等海士を停職10日の懲戒処分とした。「ツイッター内で高評価を得られれば良いと安易に考えてしまった」と話している。

 海自横須賀地方総監部によると、1等海士は2018年10月15日、航海中に艦艇の位置情報を投稿した。同12月に海自内で書き込みが発覚し、調査に行為を認めた。他に同様の投稿は確認されていないという。

 また海自は18日、同僚や後輩へのパワハラやセクハラがあったとして、自衛艦隊司令部の男性幹部自衛官(44)ら2人を減給や戒告の処分にした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス