社会

日本海側で暴風、高波警戒 前線伴う低気圧発達

 気象庁は18日、前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を東北東に進む影響で、北日本から西日本にかけての日本海側を中心に、19~20日に暴風や高波に警戒するよう呼び掛けた。北海道では21日も注意する必要がある。

 気象庁によると、19日の予想最大風速(最大瞬間風速)は北陸、近畿20メートル(30メートル)。20日は強い所で北海道、東北、北陸の海上で20~24メートル(25~35メートル)。陸上では20~24メートル(30~40メートル)の見込みだ。

 19日の波の高さは北陸4メートル、北海道3メートル。20日は北海道、東北7メートル、北陸6メートル。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス