北海道の緊急事態宣言19日終了 知事、外出自粛引き続き呼び掛け

 北海道庁で記者会見する鈴木直道知事=18日夜

 北海道の鈴木直道知事は18日、臨時記者会見を開き、新型コロナウイルス感染拡大を受け道が独自に出した「緊急事態宣言」について、入院患者の激増を回避できたとして期限の19日に終了すると明らかにした。一方で感染するリスクの高い場所への外出を引き続き自粛するよう呼び掛け、今後は、感染拡大防止と経済活動を両立する「北海道モデル」をつくっていく方針を示した。

 鈴木知事は会見で、宣言によって「医療崩壊を起こすような急激な患者の増加は起きていない。恐れていた状況に至らずに済んでいる」とした上で「検査態勢、病床確保などが強化でき、戦う準備ができた」と成果を強調した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス