くらし

休校中の小学生、テレビとゲーム 岐阜市教委が過ごし方調査

 岐阜市教育委員会は19日、市内の小学生約550人に休校期間中の過ごし方について尋ねた調査結果を公表した。最も多く時間を費やしているのは「テレビやビデオ」で127人(23%)、「ゲーム」が103人(19%)と続いた。「勉強」は75人(14%)だった。

 1日の勉強時間は、「1時間以上2時間未満」が最多の248人(45%)。次いで「1時間未満」が166人(30%)、「2時間以上3時間未満」が99人(18%)。

 市教委の担当者は「突然の休校要請で、教材の準備などが不十分になってしまったことが要因」と分析。各学校に要請し、残りの休校期間中の教材を整えたという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス