国際

フィリピン、外国人の入国拒否へ 例外なし、感染防止に「不可避」

 【マニラ共同】フィリピンのロクシン外相は19日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、全ての外国人の入国を拒否する方針を表明した。国内外でビザ発給を一時停止する。同日中にこうした措置を始めるとしている。

 ロクシン氏はツイッターで「例外なく、全国籍の外国人の入国を全面禁止する。(感染拡大防止の)不可避のステップだ」と強調した。フィリピンから出国する外国人については「出て行くためのあらゆる支援がなされるべきだ」として制限しない考えを示した。

 フィリピンのニュースサイトによると、少なくとも100の国がフィリピンへの入国に際しビザを免除されている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス