学校活動、一部地域で容認 新型コロナ、専門家会議が新見解

 新型コロナウイルスの拡大防止策を検討する政府の専門家会議を終え、記者会見する尾身茂副座長(中央)。右は脇田隆字座長=19日夜、厚労省

 新型コロナウイルスの拡大防止策を検討する政府の専門家会議は19日、大規模イベントの開催に慎重な対応を求める一方で、感染が確認されていない地域では学校での活動を行ってよいとする新たな見解をまとめた。国内の現状に関しては、どこで感染したか分からない感染者が増えていることに「爆発的な感染拡大につながりかねない」と懸念を示し、対策強化を求めた。

 政府は見解を踏まえて、これまでに出した大規模なイベントの自粛要請や学校休校を継続するかどうか判断する。萩生田光一文部科学相は小中学校、高校などの再開を自治体が判断する際の目安を、来週の早い段階で示す考えを示している。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス