国際

G7サミット、米開催中止 新型コロナで電話会議に

 ワシントンのホワイトハウス(AP=共同)

 【ワシントン共同】米ホワイトハウスは19日、6月に米国で開催予定の先進7カ国首脳会議(G7サミット)を巡り、首脳が直接集って話し合うのをやめ、代わりにテレビ電話会議で実施することをトランプ大統領が決めたと発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けた措置。既に日本を含むG7各国にも伝達した。

 定例のG7サミットがテレビ電話会議となるのは極めて異例。新型ウイルス対策に関するG7首脳テレビ電話会議は4、5両月にも開催する予定という。既に今週初回が開かれており、6月まで4カ月連続で実施される見通しとなった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス