くらし

関西にeスポーツ施設続々 コロナ逆風も市場拡大期待

 eスポーツ専用施設「REDEE」の巨大スクリーン=大阪府吹田市

 関西でeスポーツ施設の整備が相次いでいる。これまで専用施設が少なかったが、家電量販店などはゲームに関心の高い若者らを呼び込もうと特徴をアピール。足元では新型コロナウイルスの感染拡大で逆風が吹くが、中長期的な市場拡大に期待を寄せる。

 大阪府吹田市の「EXPOCITY(エキスポシティ)」に3月1日開業した「REDEE(レディー)」は高さ8メートル、幅40メートルの巨大スクリーンが特徴。プロチーム同士の大会を開くことなどを想定しており、ゲームの実況中継や動画投稿サイトに自作動画を公開するユーチューバーの仕事を体験できるコーナーも設けた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス