国際

韓国首相がコロナで外出自粛要請 文大統領ら給与30%返納

 21日、ソウル市内で国民向けの談話を発表し、外出の自粛を呼び掛ける韓国の丁世均首相(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国の丁世均首相は21日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大について国民向けの談話を発表し「もはや地球上に安全な場所はない」と強調した。生活必需品を購入する場合などを除き、可能な限り外出や旅行を控えるよう要請した。

 韓国政府は21日、長官・次官級以上の公務員の給与30%を4カ月間、国庫に返納することも決めた。聯合ニュースによると文在寅大統領や丁首相も含まれ、今月分から返納する。

 丁氏は、集団感染の恐れがある宗教施設や屋内のスポーツ施設について15日間の運用停止を勧告した。

 韓国の感染者数はいったん減少傾向も、沈静化には至っていない。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス