政治

介護施設の感染防止に補助 ウイルス漏れ防ぐ費用

 政府は23日、介護施設での新型コロナウイルスの感染対策として、特別養護老人ホーム(特養)など入所施設の部屋からウイルスが外に漏れないようにする装置や換気設備を設置した場合、事業者に費用を補助する方針を固めた。高齢者は重症化や死亡リスクが高く、装置の設置を促し感染拡大の防止を図る。近くまとめる緊急経済対策に盛り込む。

 感染症指定医療機関などは気圧を下げて空気が出ない構造の「陰圧室」を備えているが、一般的な介護施設にはない。陰圧室の整備には大がかりな工事が必要で多額な費用がかかるケースがあり、今回は簡易で室外へのウイルスの漏れを防止する装置を想定している。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス