政治

大阪知事、方針転換に兵庫利用? 往来自粛、根拠資料解釈にも疑問

 大阪府の吉村洋文知事が大阪―兵庫間で3連休中の往来自粛要請を唐突に表明したことを巡り、イベントなどの自粛解除に傾いていた吉村氏が、方針転換するために兵庫を利用したのではないかとの見方が出ている。

 府が18日に厚生労働省から受け取った文書では「大阪府・兵庫県内外の不要不急の往来自粛を呼び掛ける」と記されていた。

 「両府県内外の往来」がなぜ「府県間の往来」に変わったのか。吉村氏は理由を明らかにしなかった。

 ある府幹部は「府庁内では、直前まで(府主催のイベントなどの)再開に向けた調整を進めていた。方針転換するために兵庫を持ち出したのではないか」と推測する。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス