政治

自民、小池都知事再選支援へ コロナ・五輪で連携、対立回避

 東京都の小池百合子知事

 自民党は、任期満了に伴う東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)に関し、小池百合子知事の再選を支援する方向で最終調整に入った。複数の関係者が23日、明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大で東京五輪・パラリンピックが延期される公算が大きくなっている状況を踏まえ、安倍政権と都政の連携を優先し、小池氏との対立を回避する。

 党幹部は東京都連に独自候補擁立の断念を求める意向だ。都連内にはなお異論が残る。

 安倍晋三首相は23日の参院予算委員会で「五輪の完全な形での実施」に向け、都や大会組織委員会と連携していく考えに言及した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス