国際

EU、東欧2国と加盟交渉開始へ 拡大再始動で合意

 2月、ブリュッセルのEU本部で会談に向かう(右から)アルバニアのラマ首相、ミシェルEU大統領、(1人おいて)フォンデアライエン欧州委員長(共同)

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は大使級会合で23日、東欧・西バルカンの北マケドニア(旧マケドニア)、アルバニア両国との加盟交渉を始めるとの文書草案をまとめた。これを受け、担当閣僚が24日にビデオ会合で協議。停滞していたEUの拡大が動きだす。

 草案に交渉開始期日は明記されていないが、北マケドニアは早ければ年内、組織犯罪や汚職がより深刻なアルバニアは来年以降とみられている。

 交渉開始には全加盟国の合意が必要。EUの行政府、欧州委員会は昨年5月、両国の内政改革が進んだとして、早急な加盟交渉入りを決めるよう加盟国側に勧告した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス