国際

「中国ウイルス」は差別を助長 トランプ氏らの発言に国連報告者

 【ジュネーブ、ワシントン共同】人種差別問題を担当する国連のアチウメ特別報告者は23日、新型コロナウイルスを「中国ウイルス」と呼ぶトランプ米大統領らの発言は、差別や外国人排斥を助長しかねないとして、こうした呼称を使用しないよう戒める声明を発表した。

 アチウメ氏は「米大統領をはじめ、国の公職に就いている人たちが、新型ウイルス感染症に別の名前を付けていることには失望する」と表明。「こうした無責任で差別的な言葉遣いは、ささいな問題ではない」と不快感を示し、世界各地で東アジア系の人々に対する侮蔑的な発言や暴力を実際に引き起こしているとして、使用しないよう求めた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス