芸能・文化

新型コロナで米脚本家死去 トニー賞のT・マクナリーさん

 死去したテレンス・マクナリーさん(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米演劇界最高の栄誉とされるトニー賞を受賞した米国の著名脚本家、テレンス・マクナリーさんが24日、新型コロナウイルスによる合併症のため南部フロリダ州の病院で死去した。81歳だった。米メディアが伝えた。

 マクナリーさんは1938年、フロリダ州生まれ。60年代から脚本家としての活動を開始し、演劇やミュージカル、オペラなど幅広い分野で活躍した。自身が同性愛者であることを公言し、同性愛や家族を主題とした作品も多い。

 ソプラノ歌手マリア・カラスを描いた90年代の戯曲「マスター・クラス」などで、トニー賞を複数回受賞した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス