芸能・文化

松雪泰子が主演映画をPR 物に話し掛けるところ「自分も」

 映画「甘いお酒でうがい」の大ヒット祈願イベントが東京都内で開かれ、主演の松雪泰子と黒木華らが登壇した。40代独身OLを演じる松雪は主人公との共通点を問われ「物を大切にして、話し掛けたりするところ。自分も掃除するときに、物に『ありがとう』とか言っちゃう」と明かした。

 お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが、ネタで演じる架空のOL「川嶋佳子」がもし日記を書いたら、という設定で執筆した同名小説が原作。日常の小さな幸せに寄り添って生きる女性を描く。

 映画は、じろうが脚本も手掛けており、松雪は「言葉が美しくて、詩的でユーモアがあってかわいらしくて」と絶賛。「脚本を読んだ後、コントを見たら全然違ってびっくりした。これは違う世界なんだなと」と話し、笑いを誘った。

 佳子を慕う年下の同僚「若林ちゃん」を演じた黒木が「天使といわれる子なんで、私の邪気が見えないように」と意識した点を語ると、すかさず「本当に天使だった」と松雪。「ピュアでかわいいところが若林ちゃんにぴったり」と黒木を褒め、映画さながらの仲の良さをうかがわせた。

 イベントには共演の清水尋也も出席した。

 4月10日公開。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス