国際

カショギ記者殺害で20人起訴 トルコ検察、サウジ皇太子側近も

 ジャマル・カショギ氏(ゲッティ=共同)

 【イスタンブール共同】サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏が2018年10月、トルコで殺害された事件で、トルコ検察は25日、殺害に関わったとして、サウジのムハンマド皇太子の側近2人を含む20人を起訴したと発表した。

 全員が既に出国したとみられ、トルコ当局は国際刑事警察機構を通じ、身柄拘束を要請した。サウジ当局にも身柄の引き渡しを求める。

 側近2人はサウド・カハタニ元王室顧問とアハメド・アシリ元情報機関高官。サウジ当局の捜査では罪は認められなかったが、トルコ検察は2人が詳細な計画を立て、カショギ氏の殺害を命じ、18人が殺害に関わったとしている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス