経済

東証、午前終値1万8803円 一時900円超下落

 一時800円超下落した日経平均株価を表示するモニター。下段はニューヨーク株式市場のダウ平均終値=26日午前、東京・東新橋

 26日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反落した。一時900円超下落し、節目の1万9000円を割り込んだ。東京都内で新型コロナウイルス感染者が急増し、小池百合子知事が今週末の外出自粛を要請したことが市場の不安材料になった。

 午前終値は前日終値比743円34銭安の1万8803円29銭。東証株価指数(TOPIX)は31・85ポイント安の1392・77。

 小池氏は25日夜の記者会見で「オーバーシュートを防ぐ重大局面」と強調。26日の東京株式市場では、都内で事態が悪化すれば経済活動のさらなる停滞は避けられないとの見方が広がり、売り注文が先行した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス