スポーツ

西武・森、あえて考えないように 開幕不透明な状況に

 キャッチボールする西武・森=メットライフドーム

 西武の森友哉捕手は新型コロナウイルス感染拡大の影響でシーズン開幕が大幅に延期される中、自然体を貫いている。来月24日開幕を目指すことは決まっているが、先行きは不透明な状況。26日、本拠地メットライフドームで全体練習に参加し「今は何にも気持ちを入れていない」と、あえて考えないようにしているという。

 開幕は早くても1カ月近く先になる。「体の状態や切れをキープしながら、気持ちをちょっと落ち着かせている」と慌てず調整を続ける構えだ。

 昨季、パ・リーグ最優秀選手(MVP)に選ばれた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス