社会

静まる繁華街、足早に帰宅 週末見越し買いだめも

 夜、閑散とする東京・銀座=26日

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、首都圏を中心に外出自粛の要請が相次いだ26日、東京の繁華街は静まり、帰宅を急ぐサラリーマンの姿が目立った。自粛要請が出た週末を見越し、買いだめでごった返す百貨店も。飲食店の経営者は、一向に客足が伸びない状況に頭を悩ませた。

 午後5時すぎ、東京都渋谷区のJR渋谷駅付近。仕事を終えた人たちの足は繁華街に向かわず、駅構内に吸い込まれた。同僚と飲食店に向かうかどうか悩んでいた東京都杉並区の会社員の男性(34)は「感染したら他の社員に広まる可能性もあり、大ごとになる。飲むにしてもおびえながら」と及び腰だった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス