経済

三菱商事、ルノーに出資か 日仏連合強化と報道

 【パリ共同】フランス紙レゼコーは26日、フランス自動車大手ルノーと日産自動車、三菱自動車の3社連合が検討している連携強化策の一つとして、三菱商事がルノー株を10%取得し資本参加する案が浮上していると伝えた。

 3社は5月にそれぞれ中期経営計画を発表し、連合の新たな連携策も示す方針。三菱商事の資本参加は三菱自の連合への関与を強め、連合内での日本勢の影響力を高めることにもつながるとレゼコーは指摘した。

 日産はルノー株15%を保有しており、三菱商事が10%を取得すれば、日本勢の比率は計25%となる。ルノーの増資を引き受ける形で参加する可能性もあるとされる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス