国際

外出禁止違反でかえる跳び、腹筋 インドの警察、出稼ぎ若者に

 外出制限を破った罰として男性を棒でたたく警察官=25日、ニューデリー(ロイター=共同)

 【ニューデリー共同】新型コロナウイルス対策として25日から外出が制限されたインドで、警察官が遠方の家に帰る途中の出稼ぎ労働者の若者に対し、制限違反だとしてかえる跳びなどの制裁を現場で勝手に科し、不適切だとして処分を受けた。地元メディアなどが27日までに伝えた。

 北部ハリヤナ州では警察官が若者らに腹筋をさせたほか、首都ニューデリーや商都ムンバイなどでは通行人が警察官に棒でたたかれた。

 外出制限は21日間の予定で、食料品などの必需品の買い出し以外、外出が事実上禁止され、違反者には罰金などが科される。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス