経済

米、237兆円の経済対策法成立 家計・企業支援、影響長期化回避

 新型コロナウイルスによる打撃を抑える経済対策法案に署名するトランプ大統領=27日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は27日、新型コロナウイルスによる打撃を抑える経済対策法案に署名し、巨額の対策法が成立した。米国の国内総生産(GDP)の約1割に当たる2兆2千億ドル(約237兆円)規模で、家計への現金給付や企業支援に取り組み、景気悪化の長期化を回避する狙いだ。

 米国では感染者急増に伴う外出規制の拡大で、経済活動が停滞。失業者も急速に増え、経済成長率は4~6月期に大幅な落ち込みが見込まれる。米政権と与野党は先行き不安を和らげるには、金融危機後の2009年の約8千億ドルを大幅に上回る異例の対策が必要と判断した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス