国際

米国の台湾外交支援法が成立 トランプ氏署名、中国反発

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は27日までに、中国の圧力で台湾と断交する国が相次いでいるのを受けて台湾を外交面で支援する法案に署名、同法は成立した。政権に対し、台湾の安全や繁栄を脅かす行動を取った国に、経済面などでの待遇見直しの検討を求めている。中国は反発しており、新たな火種となる可能性がある。

 同法は国務省に対し、台湾との外交強化の取り組みについて議会に毎年報告を要求。台湾の国際機関への加盟やオブザーバー資格での参加を支援すべきだとも強調しており、米国が働き掛けを活発化させることも予想される。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス