社会

亡き長女しのびフランス菊植える 宮城、五輪予定の競技場

 東日本大震災で亡くなった長女をしのび、花壇にフランス菊を植える佐藤美香さん(右)と次女珠莉さん=28日午前、宮城県利府町

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市の佐藤美香さん(45)が28日、亡くなった長女愛梨ちゃん=当時(6)=や震災犠牲者をしのび、次女珠莉さん(12)とひとめぼれスタジアム宮城(同県利府町)近くの花壇にフランス菊の苗を植えた。

 同競技場は本来なら今年の東京五輪でサッカーが行われるはずだった。

 愛梨ちゃんが見つかった石巻市の現場で震災後、フランス菊の花が咲いたのを機に、佐藤さんや支援者が各地で植栽を続けている。

 この日は10人程度が集まり、土を掘り起こして45株を植えた。5月にも花が咲く見込み。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス