国際

在韓米軍、韓国人に無給休職通告 駐留費負担増求め、米政権が圧力

 韓国・平沢の米軍基地キャンプ・ハンフリーで訓練する米兵ら=2019年6月(共同)

 【ソウル共同】在韓米軍は28日までに、基地で働く韓国人労働者らに4月1日からの無給休職を通告した。駐留経費の大幅負担増に韓国政府が応じていないことが背景。韓国では、米国が労働者を「人質」(韓国紙)に取り圧力をかけているとの批判が強まっている。

 韓国メディアは約9千人の韓国人労働者のうち4千~5千人が対象と伝えている。復職時期は明示されていない。

 米韓は昨年9月から2020年の駐留経費の負担割合を協議してきたが、米政権の要求額に韓国側が難色を示し、妥結できていない。韓国は無給休職を防ぐため人件費を優先的に協議しようとしたが、米側が事実上、拒否したという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス