社会

関東甲信、29日に大雪警戒 平野部でも警報級の恐れも

 気象庁本庁=東京都千代田区

 気象庁は28日、関東甲信地方で29日に広い範囲で積雪となる見通しを示し、路面の凍結や交通の乱れなどに警戒を呼び掛けた。予想より気温が下がった場合には平野部でも警報級の大雪となる可能性があるとしている。

 気象庁によると、29日は低気圧が伊豆諸島付近を通過し、関東甲信では上空約1500メートルに0度以下の寒気が流れ込んで、29日未明から昼すぎにかけて雪や雨が広範囲で降る見込み。

 平野部でも積雪となりそうで、湿った重い雪によるビニールハウスの倒壊、電線や樹木への着雪、なだれにも注意が必要だ。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス