スポーツ

競輪、松浦・清水ら決勝へ ウィナーズカップ

 準決勝第11レース ゴールする1着の松浦悠士(2)、2着の守沢太志(4)、3着の柏野智典(6)=福井競輪場

 競輪の第4回ウィナーズカップ(G2)第3日は28日、福井県の福井競輪場で行われ、躍進が期待される松浦悠士(広島)と清水裕友(山口)の中国勢、デビュー2年目の高橋晋也(福島)ら準決勝(第10~12レース)で各1~3着に入った9選手が決勝に進んだ。

 第10レースは原田研太朗(徳島)が快勝。高橋が2着、和田健太郎(千葉)が3着。昨年のGP覇者、佐藤慎太郎(福島)は4着で敗退。第11レースは松浦がトップ。2着は守沢太志(秋田)、3着は柏野智典(岡山)。

 第12レースは清水が勝ち、2着は古性優作(大阪)、3着は吉田敏洋(愛知)。決勝は29日午後4時30分発走予定。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス