政治

首相、コロナ拡大防止へ協力確認 WHO事務局長と電話会談

 安倍晋三首相は30日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長と電話会談し、新型コロナウイルス感染の拡大防止や治療薬の開発に向けて協力する方針を確認した。首相は、人類がウイルスに打ち勝った証しとして東京五輪・パラリンピックを開催する決意を表明。テドロス氏は「WHOも大会成功に向け一緒に準備に関わっていきたい」と応じた。日本政府が発表した。

 首相は、ウイルス感染を巡り「引き続き情報共有などでWHOと緊密に連携していきたい」と伝達。テドロス氏は、日本が対策を効果的に進めていると評価した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス