社会

夜の店、大阪も自粛要請へ 松井市長、感染拡大懸念

 飲食店がひしめく大阪・ミナミの繁華街=2012年

 大阪市の松井一郎市長は31日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、バーやナイトクラブなど接待を伴う飲食店の利用自粛を呼び掛ける考えを示した。「どうしても換気が悪く、密接する。感染拡大防止のためご理解いただきたい」と述べた。

 松井氏は、具体的な要請は大阪府に一元化しているとした上で「吉村洋文知事が『自粛してもらいたい』と言うのは間違いない」と語った。飲食店側への補償については「国が行うべきだ。地方自治体が大都市のサービス業全般を支援するのは厳しい」と話した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス