社会

職員らの人権意識、責任感が欠如 愛知、保護男性を公園置き去りで

 愛知県海部福祉相談センター(同県津島市)の職員らが1月、警察から保護の引き継ぎを受けた身元不明の70代男性を深夜の公園に置き去りにし、警察に虚偽の説明をしていた問題で、県は31日、職員の人権意識や責任感が欠如していたなどとする検証結果と再発防止策を発表した。

 県は今後、外部講師を招き人権に関する研修を実施するなどとしている。

 同県大治町で1月、会話や意思疎通ができない男性を津島署員が保護、センターに引き渡した。職員2人が上司の指示で、管轄外の名古屋市中村区の公園に男性を連れて行き、偽名で119番。2人は救急隊の到着を待たず立ち去り、男性は保護されていた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス