芸能・文化

朝ドラ「エール」初回21・2% NHKの連続テレビ小説

 「エール」の主演、窪田正孝さん(左)、ヒロインの二階堂ふみさん

 30日に放送が始まったNHKの連続テレビ小説「エール」の初回視聴率は、関東地区が21・2%、関西地区が19・9%だったことが31日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 関東地区の初回視聴率は前作「スカーレット」の20・2%をやや上回り、2017年の「わろてんか」から6作連続で20%を超えた。

 「エール」は「栄冠は君に輝く」などで知られる福島市出身の作曲家・古関裕而さんをモデルにした主人公の人生を描く物語で、窪田正孝さん(31)が主演している。NHKは福島地区の初回視聴率がビデオリサーチ調べで35・9%だったと発表した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス