国際

インド全土で混乱、暴動の懸念 封鎖から1週間、経済活動停止

 インド・ムンバイで無料の食料が配布されるのを待つ出稼ぎ労働者ら=3月30日(AP=共同)

 【ニューデリー共同】中国に次ぐ13億6600万人超の人口を抱えるインド政府が、新型コロナウイルス対策として全土を封鎖し、3月31日で1週間となった。突然の経済活動停止が混乱を呼び、モディ首相は謝罪に追い込まれた。保健当局は効果を強調するが、収入を失った労働者による暴動の懸念も生じている。邦人には帰国の動きが出てきた。

 モディ氏は29日のラジオ番組で「ご不便を掛けていることをご容赦願いたい。ウイルスとの闘いに他の選択肢はなかった」と述べた。3週間の全土封鎖は24日夜の演説で発表し4時間後に実施。人の移動による感染拡大を防ぐため外出を制限するなどした。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス