コロナ検査、1時間以内に 経産省、全国16カ所に配備

 「ジーンソック」を使った新型コロナウイルス検出の模擬検査=31日午後、埼玉県毛呂山町

 経済産業省は31日、新型コロナウイルス感染の有無を迅速に検査できる新開発の機器を、全国の16医療機関に導入したと発表した。機器は、産業技術総合研究所と杏林製薬が共同開発した「ジーンソック」で、現在の「PCR検査」の手法では約4~6時間かかる検査が、1時間以内で完了するという。

 経産省は31日、このうち埼玉医大に設置した機器による模擬検査を報道関係者に公開した。ジーンソックでの検査時間は約15分間、検体の採取など他の作業が30分程度と、従来手法に比べて大幅なスピードアップができる。

 ただ課題として現行検査の方が感度は高いという。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス