経済

銀行の国内株含み益2・2兆円減 大手5社、コロナ打撃

 大和証券は31日、大手銀行5グループが保有する国内株式の3月末時点の含み益が計5兆4500億円となり、2019年3月末と比べて2兆2790億円減少するとの試算を発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大が打撃となり、株価が大きく下落したことが響いた。

 三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、りそなホールディングス、三井住友トラスト・ホールディングスの5グループを調査した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス