スポーツ

体操、6月末までの大会開催せず 全日本選手権やNHK杯

 昨年行われた体操全日本選手権男子個人総合決勝の谷川翔のあん馬=2019年4月28日、高崎アリーナ

 日本体操協会は31日、東京都内で臨時常務理事会を開いて新型コロナウイルスの感染拡大への対応を協議し、6月末までに予定した体操、新体操、トランポリンの主催大会を開催しないことを決めた。体操で東京五輪代表選考会を兼ねる計画だった個人総合の全日本選手権(4月17~19日・武蔵野の森総合スポーツプラザ)や5月のNHK杯、6月の全日本種目別選手権(ともに高崎アリーナ)などが含まれる。

 大会は中止するか、10月以降に延期して実施するかどうかを今後判断する。1年延期が決まった五輪の体操代表選考は未定となった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス