国際

北朝鮮に「感染者は一人もなし」 防疫担当幹部、一方で危機感も

 平壌市内の病院の入り口で、来院者の手を消毒する担当者=1日(共同)

 【平壌、北京共同】北朝鮮の朴名帥・国家衛生検閲院院長は1日、平壌で共同通信など一部の外国メディアのインタビューに応じ、「現在までわが国では新型コロナウイルスの感染者は一人も発生していない」と強調した。朴氏は「中央非常防疫指揮部」で防疫作業の指揮を執っている。

 在韓米軍のエイブラムス司令官は3月中旬の記者会見で「北朝鮮でも感染者がいると確信している」と公言。北朝鮮で死者が多数出ているとの情報や韓国メディア報道も絶えず、朴氏の発言はこうした見方を打ち消す狙いがあるとみられる。

 朴氏は一方で「ウイルスが広がれば深刻な災いを避けられない」と危機感を隠さなかった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス