日医が医療危機的状況宣言 感染爆発起こってからでは遅い

 日本医師会(日医)は1日、新型コロナウイルスの感染拡大によって一部の地域で病床が不足しつつあるとして「医療危機的状況宣言」を発表した。釜萢敏常任理事は記者会見で、政府が一刻も早く緊急事態宣言を出すよう改めて訴えた。

 この日出された宣言は、国内の医療現場について「コロナウイルス対策に経験したことのない資源を注入し、それ以外の疾病治療も継続するという危機的な状況」だと指摘。「感染爆発が起こってからでは遅く、今のうちに対策を講じなければならない」と強調した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス