経済

NY株、一時800ドル安 死者急増を嫌気

 【ニューヨーク共同】1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落して始まり、前日からの下げ幅が一時800ドルを超えた。米国内の新型コロナウイルス感染症による死者が急増して4千人を突破したことが嫌気され、売りが先行した。

 トランプ米政権は、感染防止策を取っても米国の死者が10万~24万人に達する恐れがあることを明らかにした。市場では企業の業績不振や雇用情勢の悪化が長引くことへの懸念も強まっている。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス