芸能・文化

新コロナでE・マルサリス氏死去 ジャズピアニスト、85歳

 エリス・マルサリス氏(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米メディアによると、ジャズピアニストのエリス・マルサリス氏(85)が1日、新型コロナウイルス感染に伴う合併症のため、南部ルイジアナ州ニューオーリンズの病院で死去した。

 トランペット奏者のウィントン氏ら息子4人をジャズ奏者に育て上げた。AP通信によると、最近病院に搬送されて以降、サックス奏者のブランフォード氏やドラム奏者のジェイソン氏ら家族が付き添っていた。

 長年にわたってニューオーリンズを中心に活動したほか、各地の大学でジャズを教えた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス