くらし

高知の水田で「どろんこ祭り」 今年は指先でちょっとだけ

 「どろんこ祭り」で、女性から少量の泥を顔に塗られる男性=4日午後、高知市

 女性から顔に泥を塗られた男性は、夏に病気をしない―。400年以上の伝統を持ち、無病息災を願う「どろんこ祭り」が4日、高知市長浜の若宮八幡宮で開催された。神事では宮司が「世界中で流行している新型コロナウイルスを鎮めてください」と祈願した。

 白い浴衣をまとった地元の女性ら約20人が田んぼに早苗を植え、太鼓の合図で泥塗りを開始。例年は女性がおけの泥を手のひらいっぱいに付け、男性の顔に塗りたくるが、今年は接触感染を避けるため、手をアルコール消毒し、人さし指に少量付けて塗った。

 今年は人が密集しないよう田んぼ周辺での踊りはなく、病院や老人ホーム訪問も中止になった。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス