くらし

緊急事態、子どもの散歩容認を 休校の場合も、文科相

 萩生田光一文部科学相は7日の閣議後記者会見で、緊急事態宣言の対象となった自治体で学校が休校となった場合でも、子どもが散歩などで外に出るのは、心のケアやストレス解消の観点から一定程度、認めるべきだとの考えを示した。

 子どもたちの外出先としては学校の校庭の活用も考えられるとし、その方が感染リスクが低いとの見方も示した。

 萩生田氏は、緊急事態宣言の対象となる7都府県では外出自粛を強化する必要があると指摘。その上で「子どもの心のケアやストレスを考えると、散歩など外に出ることも認めていかないとストレス解消にならない」と述べた。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス