国際

米、キリスト教の礼拝が議論に コロナ拡大、ドライブイン型も

 5日、米中西部ウィスコンシン州でドライブイン礼拝を行う牧師(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】新型コロナウイルスの感染が広がる米国で、集会を禁止する自治体が相次ぐ中、大勢が密集するキリスト教の礼拝の在り方が議論になっている。従来通りに続ける教会がある中、車に乗ったまま参加する「ドライブイン礼拝」が注目されている。

 米メディアによると、南部ルイジアナ州の教会が3月29日開いた礼拝には1200人超が集まった。同州は50人超の集会を禁じたが、牧師は「礼拝を続ける」。25日に礼拝を開いた中西部オハイオ州の教会は声明で「合衆国憲法修正第1条は信教の自由を保障しており、集会禁止は礼拝に適用されない」と強調した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス