社会

京都、住宅に感染者中傷の張り紙 3人の氏名と年齢明記

 京都府は8日、同府城陽市の住宅の壁などで、新型コロナウイルスの新たな感染者として実在するかどうか不明の個人名が記された複数の張り紙が見つかったと明らかにした。悪質な人権侵害事案とみており「誹謗中傷は絶対にしないで」と呼び掛けている。

 張り紙は3日付で「京都府厚生労働局コロナウイルス対策本部長」という架空の肩書を使っている。新たな感染者が判明したとして3人の氏名と年齢を明記し「コロナウイルス拡大防止のため、濃厚接触は控えますようお願い申し上げます」と記載している。

 8日に府に情報提供があり発覚した。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス