経済

日産、数千億円の融資枠を要請 販売低迷長期化に備え

 日産自動車が、みずほ銀行や三井住友銀行などの大手銀行に対し、融資枠の設定を要請したことが9日、分かった。関係者によると、融資枠の総額は数千億円規模。日産の財務は健全な水準を維持しているが、新型コロナウイルス感染拡大で販売低迷が長期化した場合に備え、事前に手元資金に余裕を持たせる狙いがあるとみられる。

 融資枠は、銀行と企業が事前に取り決めた範囲内で、企業の求めに応じて迅速に融資するための契約。自動車業界ではトヨタ自動車が、三井住友銀と三菱UFJ銀行に計1兆円の融資枠の設定を要請。他の大手各社も同様の対応を取る可能性がある。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス