社会

愛知県が独自の緊急事態宣言 外出・移動自粛を要請

 新型コロナウイルスの影響で閉園となった名古屋城の正門=10日午前、名古屋市

 愛知県の大村秀章知事は10日午後、県庁で新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、感染拡大を受けて県独自の緊急事態宣言を発令した。県民に対して不要不急の外出、移動の自粛を要請し、密閉、密集、密接の「三つの密」を徹底的に避けるよう呼び掛けることが柱。適用期間は5月6日まで。

 愛知県が改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づく政府の緊急事態宣言の対象から外れたことから、感染拡大防止に向けて県民に強いメッセージを打ち出す狙いがある。北海道が2月に緊急事態宣言を出し、感染者の激増を抑え込むなど一定程度効果を上げたことも念頭にある。


(共同通信)









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス